2020.10.15  第58回日本人工臓器学会大会において、関西大学と取り組んでいる「バイオシートを使ったバタフライ型人工僧帽弁の開発」が萌芽研究ポスター優秀賞を受賞しました。 

2020.10.12  東京慈恵会医科大学とバイオチューブ株式会社は、「バイオチューブによる新規尿路排泄システムの確立」に関する共同研究の取り組みを開始します。 

2020.10.05  北海道大学獣医学部との共同研究の成果である「マウス皮下での異物反応による組織形成の時空間的変化」に関する論文がJ Biomed Mater Res Aに掲載されました(doi: 10.1002/jbm.a.37115) 

2020.06.30  厚生労働省における令和2年度の第5回「先駆け審査指定制度」において、代表取締役の中山泰秀の開発品である脳動脈瘤血管内治療用「多孔化カバードステント」(申請者 株式会社グッドマン)が、医療機器として対象品目に指定されました(https://www.pmda.go.jp/files/000235379.pdf)。中山代表取締役の開発品の先駆け指定は、昨年度のバイオチューブ作製用鋳型に引き続き2年連続になります 

2020.06.22  カバードステント開発における生体外流体解析に関する論文が、Journal of Biorheologyに採択されました  

2020.04.01  日本医療研究開発機構(AMED)の橋渡し研究戦略推進プログラム・シーズBの採択を受け、先駆け指定品である下肢救済用人工血管作製用の鋳型の非臨床試験を開始しました 

2020.04  バイオチューブの形状記憶に関する論文が、Journal of Cardiovascular Surgeryに掲載されました doi:10.1177/1129729819852550  

2020.01  透析患者を対象としたバイオチューブの臨床研究の3年の経過観察に関する論文が、Journal of Vascular Accessに掲載されました doi:10.23736/S0021-9509.19.10594-0  

2020.01.23  バイオシートの大動脈弁膜への応用に向けた力学的機能評価に関する論文が、Journal of Biomechanicsに掲載されました doi:10.1016/j.jbiomech.2019.109528  

2019.11  バイオシートのビーグル犬への気管移植の1年後の経過観察に関する論文が、Surgery Todayに掲載されました doi:10.1007/s00595-019-01818-5  

2019.11.07  厚生労働省から先駆け指定品である下肢救済用人工血管作製用の鋳型の開発拠点として、大阪ラボを開設いたしました(〒552-0007 大阪市港区弁天1-2-1 大阪ベイタワーオフィス6階 株式会社リバネス L-HUB内) 

2019.11.01  東北大学病院 臨床研究推進センターの支援シーズBとして、研究テーマ「下肢動脈バイパス用人工血管(バイオチューブ)作製用鋳型の開発」が承認され、来年度に計画する非臨床試験の実施に向けた支援を受けることになりました 

57: Oe S, Masum MA, Ichii O, Nishimura T, Nakamura T, Namba T, Otani Y, Nakayama Y, Elewa YHA, Kon Y.
Spatiotemporal histological changes observed in mouse subcutaneous tissues during the foreign body reaction to silicone.
J Biomed Mater Res A. 2020 Oct 5.
doi: 10.1002/jbm.a.37115.

56: Nakayama Y, Kaneko Y, Okumura N, Terazawa T.
Initial 3-year results of first human use of an in-body tissue-engineered autologous "Biotube" vascular graft for hemodialysis.
J Vasc Access. 2020 Jan;21(1):110-115.
doi:10.1177/1129729819852550. Epub 2019 Jun 6. PMID: 31169047.

55: Terazawa T, Kawashima T, Umeno T, Wada T, Ozaki S, Miyamoto S, Nakayama Y.
Mechanical characterization of an in-body tissue-engineered autologous collagenous sheet for application as an aortic valve reconstruction material.
J Biomech. 2020 Jan 23;99:109528.
doi: 10.1016/j.jbiomech.2019.109528. Epub 2019 Nov 18. PMID: 31780124.

54: Nakayama Y, Furukoshi M, Tatsumi E.
Shape memory of in-body tissue-engineered Biotube® vascular grafts and the preliminary evaluation in animal implantation experiments.
J Cardiovasc Surg (Torino). 2020 Apr;61(2):208-213.
doi:10.23736/S0021-9509.19.10594-0. Epub 2019 Apr 30. PMID: 31058478.

53: Furukoshi M, Tatsumi E, Nakayama Y.
Application of in-body tissue architecture-induced Biotube vascular grafts for vascular access: Proof of concept in a beagle dog model.
J Vasc Access. 2020 May;21(3):314-321.
doi:10.1177/1129729819874318. Epub 2019 Sep 18. PMID: 31530219.

52: Komura M, Komura H, Satake R, Suzuki K, Yonekawa H, Ikebukuro K, Komuro H, Hoshi K, Takato T, Moriwaki T, Nakayama Y.
Fabrication of an anatomy-mimicking BIO-AIR-TUBE with engineered cartilage.
Regen Ther. 2019 Aug 8;11:176-181.
doi:10.1016/j.reth.2019.07.004. PMID: 31453272; PMCID: PMC6700413.

51: Umeda S, Nakayama Y, Terazawa T, Iwai R, Hiwatashi S, Nakahata K, Takama Y, Okuyama H.
Long-term outcomes of patch tracheoplasty using collagenous tissue membranes (biosheets) produced by in-body tissue architecture in a beagle model.
Surg Today. 2019 Nov;49(11):958-964.
doi: 10.1007/s00595-019-01818-5. Epub 2019 May 16. PMID: 31098758.

50: Hiwatashi S, Nakayama Y, Umeda S, Takama Y, Terazawa T, Okuyama H.
Tracheal Replacement Using an In-Body Tissue-Engineered Collagenous Tube "BIOTUBE" with a Biodegradable Stent in a Beagle Model: A Preliminary Report on a New Technique.
Eur J Pediatr Surg. 2019 Feb;29(1):90-96.
doi:10.1055/s-0038-1673709. Epub 2018 Nov 2. PMID: 30388721.

東京都中央区新川2-13-11内田ビル4階
TEL.03-3551-0356

Ⓒ2018 バイオチューブ株式会社 All rights reserved.